場面:野火家ののび太の部屋、マンガを読んでるドラえもんしかいない

颯爽且つ勢い良く開かれる襖。
襖の向こうにさながら修羅の様な顔つきののび太。
手にはのび太の父のゴルフクラブ。
ゴルフクラブは途中で曲がっており、血が付着している。

のび太「ドラえもん!」
ドラえもん「どうしたの?」
のび太「死ね!!」
ドラえもん「うわぁ!」

紙一重でのび太の振り下ろしたゴルフクラブを避ける事に成功する。

面倒臭くなった陸路が
『ドラえもん』を『ド』、『のび太』を『の』にし始める。

ド「何をするんだ、のび太くぅん!」
の「うるさぁ~い!」
の「お前さえ、お前さえいなければ僕が秘密道具に頼ってダメ人間になる事は無かったんだ!」
ド「そ、そんな…僕は君の事を思って…」
の「うるさいうるさぁ~い!」

振り下ろされるゴルフクラブ(血付き)
紙一重で避けるドラえもん。

の「先生もジャイアンも…パ、パパも手にかけたんだ!後はドラえもんだけだ!」
ド「ホンキか!?」
ド「仕方ない。相手になってあげるよ、のび太くん!」
ド「空気ほ…」
の「させるかっ!!」

ポケットから道具を出そうとしたドラえもんの手にのび太のカッコイイ一撃が加えられる!
ポケットに手を突っ込んだ状態で折られる手。

ド「くっ!」
の「ふはははは!未来流奥義、秘密道具破れたり!」

絶体絶命のピンチ!どうなるドラえもん!ムックが応援しているぞ!
後半まで寝て待て!

CM挿入歌『お前は俺との約束を守るため旅立ちそして野垂れ死んだ』
あ~し~た~を

うしなぁぁあっっった

CM終了。

全開 前回までの出来事
知識人出来杉を殺したいのび太はドラえもんを殺すためドラえもんと戯れるのだった(決定事項

ド(カッコよく)「秘密道具は無敵だ」
の(ジャギっぽく)「なにぃ!」
ド(劇画調で)「喰らえ!死巣婦離詐雲怒!!」

説明しよう!
『死巣婦離詐雲怒(しすぷりさうんど)』とは
12人の漢心を裏切る程のキモ過ぎる 婦人 奇怪な生命体達の放つ音の地獄である!

『にぃいぃぃちゃぁまぁぁぁんんん(どす黒いはぁと』

どかぁぁぁんん!!!

ド「殺ったか!?」


だが、もうもうと上がる爆煙から姿を現したのは無傷ののび太であった。

ド「馬鹿な!?なぜ悶え死なない!?」
の「この様なモノ、萌えではないわっ!!」
ド「っ!!」

の「俺を倒したければ理論的に説明出来る萌えを用意しろ!」

そう、のび太は数多くの文献(漫画&同人誌)を見るうちに
妹(?)が12人も居ればそれは既にハーレムである(どっかの偉そうな団体より抜粋)』
という事実に気付いたのだ!

の「ふはははは!!もう終わりか!!」
ド「くっ!あの技しかないのか!?だがあれは…」
の「ふはははは!所詮デブダヌキに出来ることなど何一つ無いのだ!!」



プチン。

何かが切れる小気味良い音が静かに響いた。

ド「僕のポケットは伊達では無いのだよ、ノヴィータ!!」
ド「喰らえ!最終奥義!!ポケットで地球破壊爆弾んん!」

未来流最終奥義・ポケットで地球破壊爆弾とは
4次元ポケットの中で地球破壊爆弾を爆発させるという恐ろしい攻撃なのだ!

しかし、この時ドラえもんは大きな間違いを犯した。
それは、この技は本来4次元ポケット内にある爆弾を爆発させ
4次元ポケット内の ごみ 敵を消滅させるためのモノであるという事だった。
技を発動させたドラえもんはその事実に気が付いた。

ド「しまった!今日の俺様のポケット3次元ポケットじゃん……」

こうして3次元ポケット内で起きた爆発はそのまま同じ3次元であるポケットの外にまでおよび…

他の星の宇宙マップからは地球が消え、
地球は
『未来が無いから猫型ロボットは居ない』→『猫型ロボットが居ないから地球は消えない』
→『地球が消えないから猫型ロボットが産まれる』→『猫型ロボットがいるから地球は消える』
というパラドクスにはまり永遠に時の彼方を彷徨ったそうな。

めでたしおひたし。

EDテーマ『急に泣き出した空に声を上げはしゃぐ無垢な子供達をゴルゴが狙ってる』