どこまでも どこまでも
歩いていく この道は
どこに──
どこに 続いているのか
どこまで歩かないといけないのか
だれも知らない
だれも見ない
だけど歩く この道を
ぼくも歩こう この道を
先は見えないけど
考えるより
見に行こう この道のむこうを